<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

にがい涙

ザ・ゴールデンカップスの曲名からそのまま拝借。


b0103958_22351343.jpg
新しいオモチャを仕入れたので。
b0103958_22352863.jpg
こちらの方達と一緒にいつものドッグランに。
女王もんのすごい笑顔ですが、よく見ると左前足でオモチャを踏みつぶしています。
「このアタクシから取れるもんなら取ってみなさいよっ!」
b0103958_22354081.jpg
M男に変身したアル吉さんに、見せびらかしつつ挑発の女王。
こういう時のアル吉さんは、何故だか舌がチョロンと出ます。
b0103958_22355398.jpg
Mの涙。
b0103958_2236364.jpg
Sの笑顔。
[PR]
by ar20040711 | 2007-09-26 22:49

『日が暮れてもアルと歩いてた』

今日のタイトル、目出たく20周年を迎えたTheピーズから拝借。
曲名の羅列だけでグッとくるバンドは、RCとピーズだけかも。
haru40だって。うーん、かっこいいぞ。
自分も40にはあんな風になっていたい。っていうか、なる予定です。
人間って年を取っていくとドンドン色んなものを貯め込んでいくけれど、ワタシの目標はそれとは正反対な道をいくこと。
右に夫クン、左に7歳になったアルを連れて、自分の「夢」が実現出来ていればそれで良し。
ちなみに、ピーズの曲名で一番好きなのは『どこへも帰らない』



ピーズは、高校生だった頃の「バンドブーム」からの数少ない生き残りバンドです。
そういえば数日前に「アメトーク」に出てましたね、ジュンスカ。
ワタシはファンではなかったけれど、当時の懐かしさでTVを食い入るように観てしまいました。
もう何年も会っていない高校時代の友人の事を思い出しつつ。
たまに歌を口ずさんじゃったりしつつ。



前にも書きましたが、アルの名前はFLYING KIDSの曲名からチョロっと拝借して付けたのです。
幸せになるようにね。あはは。
ウチにやって来たアルがあまりにも小さく心もとなく思えたんでしょう、当時は。



普段あまり音楽を聴かないのに、少し季節が変化を始めたら「CDでも買いに行こうかな…」なんて気分になってきました。
漫画も読みたい気分。久しぶりにドカッと。
あーそういえば最近ショックだったのは、ご贔屓の山本直樹氏の古い作品がこぞってアマゾンで品切れ中になっていたこと。
昔(といってもせいぜい十数年前ですが)から大ファンのワタシにとってはなーんか残念。
『あさってDance』なんかはエロ漫画としてでなく、ラブストーリーとして普通に面白いのになぁ。
エロ漫画がやたら「ロリ系」とか「やおい系」ばかりな昨今、ちゃんと「漫画」として読める貴重な存在なのです。



映画は相変わらず最近観ていません。
何なんでしょう。
もしかしたら、映画を観るのは苦手かもしれません。
夫クンと出会った時、彼はクリントイーストウッドの大ファンだと言う事を熱く語ってきました。
当時は、今と違ってまだまだ西部劇&ダーティーハリーのイメージだけの頃です。
『許されざる者』の少し前かな。
ワタシには、あの年齢不詳気味の馬面なお顔の俳優の良さがさっぱり分かりませんでした。
っつーことは、夫クンに先見の目があったのか?
…なんか悔しいから、この話題はここで終了。



季節の変わり目、秋の花粉が飛び始めているからでしょうか。
なんとなくですが「人嫌いの虫」が騒ぎだしてきそうな予感。
でも、今日見た本の背表紙に「いい人だからウツになる」と書いてあったからな。
「いい人」とは、どう贔屓目に見積もってもかけ離れた性格なので大丈夫。



そろそろ眠くなってきたので今夜はこの辺りで。
更新出来たら、またあした。
[PR]
by ar20040711 | 2007-09-26 01:06

アル旅'07(後編)

b0103958_20233737.jpg2日目の朝。

b0103958_20235356.jpg昨晩は久しぶりにエアコン無しで眠る事が出来、旅の朝とは思えないほど快適な目覚め。

b0103958_20244636.jpg宿のすぐ横には「小海線」が通っている。
どうだ、鉄オタ。
羨ましかろう。

b0103958_2025061.jpgこちらはホテル棟。
犬連れで泊まれるのは、たしかレジデンス棟だけのはず。

b0103958_20251524.jpg私は建築に疎いので詳しい事はよくわからないが、どの角度から撮ってもどこかアンバランスで面白い。

b0103958_20255571.jpg朝食はビュッフェ形式。
レストランはアルも一緒に入れるが、気持ちがいいのでテラスで頂く。
空気が良いとメシも美味いねぇってことで、かなりの量を腹に詰め込む我が家。

b0103958_20262034.jpg「犬と泊まる事」を特別扱いしていない、そのクールさが心地よい宿。

b0103958_20272247.jpgチェックアウト後、麦家と待ち合わせてランチに出発。

b0103958_20273974.jpg高くて広い空。

b0103958_2029691.jpgsatominさんオススメの素敵なお店「Le Coq Rouge」さん。
テラス席であれば犬同席OK。

b0103958_20292882.jpg前菜。
信州牛のパイ包み。
エスカルゴとジャガイモのバター焼き。
北海道産ホタテ貝のサラダ仕立て。

b0103958_2030870.jpgこの合間には、きのこのスープや焼きたてパンも。
メインは、イトヨリの蒸し焼き小海老ソース。
子羊のロティ香草ソース。

b0103958_20303155.jpgデザート盛り合わせ。
地場産の渋皮煮添えモンブランは新栗とのこと。

b0103958_2034212.jpg素晴らしく美味しい食事を、こんな景色を眺めながら頂く。
至福の時。

b0103958_20343390.jpg秋桜の色に秋を感じつつ、

b0103958_2035179.jpg車を走らせ向かうは、山好き羨望の的である「麦邸」

b0103958_2035184.jpgソファで寛ぐアル吉さん。
この後ガッツリ昼寝もしていました。
麦邸は、一歩足を踏み入れたとたん「あぁ」と溜息が漏れるほどの心地よさ。
初めて来たのに「帰って来た」感じ。

b0103958_20354155.jpgアル家とsatominさんがおしゃべりに興じていた間、ウッドデッキで昼寝の麦父と麦君。

b0103958_2036657.jpg麦、ありがとね。
必ずまた来るね。

b0103958_2037661.jpgさよなら麦家。

b0103958_20372882.jpgさよなら小淵沢。

b0103958_2038453.jpgさよなら今日という素晴らしい日。






《了》

[PR]
by ar20040711 | 2007-09-18 21:48

アル旅'07(前編)

今年の「アル旅」は八ヶ岳。
出発の朝は雨模様。
いつもなら天気など気になりませんが、今年は出来ることなら雨は避けたい。



b0103958_11543040.jpg岐阜辺りは大雨でしたが、目的地に近づくにつれ雨も小降りに。
写真は、諏訪湖SAで休憩中のアル吉さん。
もうこの頃は雨も上がっていました。
昼前には小淵沢に到着。
道の駅で昼食(地元の婦人会手作りのおにぎり・いなり寿司・漬物)をとり、向かうは一路某キャンプサイト。


b0103958_11544284.jpgいましたいました会えました。
フレブル界の若頭、麦君。八ヶ岳在住。
美しい自然がそうさせるのか、大変明朗活発かつフレンドリー。
麦母のsatominさんとは、ウチがブログを始めた頃からのお付き合い。
そのsatominさんはまだ仕事中のため、麦父ことアッキーさんに「ハジメマシテ」


b0103958_11545618.jpgいましたいました会えました。
ウメボシ殿下ならぬフレブル殿下、ブラン君
ブラ父ことtitiさん&ブラ母ことcheeさんにも「ハジメマシテ」


b0103958_11551245.jpg殿下の真のお姿。うーん、色男。
私が今までお会いしたどのパイドの方よりも「えも言われぬ雰囲気」があります。


b0103958_11552882.jpgそして…いましたいました会えました。
この日を何度心待ちにしたことか。
フレブル界の「永遠のピーターパン」こと、ウーピィ王子
王子、お初にお目にかかれて光栄でございます。


b0103958_11554128.jpg「ん?苦しゅう無い。楽にせよ」
ははー。
そして、ウピ父ことTakeshiさん&ウピ母ことMisacoさんにも「ハジメマシテ」
皆さんと一緒に楽しく「野外おやつTIME」をしていると、空からポツポツと降ってくるものありけり。
ここで一旦お別れを言って、へなちょこ我が家は今晩泊まる宿へチェックインに。


b0103958_1155545.jpgココが今年のお宿。ちなみに去年の「アル旅」はコチラでした。


b0103958_1156897.jpg間違いなく満室状態なのに、賑やかしさは皆無で心落ち着く空間。


b0103958_11563636.jpg犬連れの我が家の部屋は、レジデンス棟一階のフローリングタイプ。
これから行く人のお楽しみを奪ってもなんなんで、お部屋の写真は自粛します。


b0103958_1222120.jpg部屋で少し休憩していたら、日もそろそろ陰ってきました。
ここで仕事終わりのsatominさんと対面。
感激の「ハジメマシテ」
S嬢、麻生久美子に激似でビックリ。
そして一緒に向かうは、再びの某キャンプサイト。


b0103958_1223316.jpgここで夕食の宴。

b0103958_1224834.jpgアウトドアとは無縁の我が家。
皆さんの手際の良さにただただ感動しつつ棒立ち。
ろくすっぽお手伝いも出来ずスミマセン。


b0103958_12331.jpg王子は定位置でご就寝中。
重要無形文化財もののカワイさ。仏鼻国宝に認定。


b0103958_1232381.jpg炭火で焼く。
地鶏の手羽元、秋刀魚、野菜etc。
茸の炊込みご飯に水餃子スープも含め、すべてが激ウマ。
ねぇ、こんなに幸せでいいの?


b0103958_1233615.jpg食後はまったりと犬話etc。
ふと上を見上げると、空には降るような満天の星たち。
うっすら天の川も。
ねぇ、こんなに幸せでいいの?いいの?


b0103958_1235022.jpgランプの油も切れる頃、名残惜しいがそろそろ就寝時刻。
ブラン家&ウピ家の皆さん、本当にありがとうございました。
謝謝。そして再見。


b0103958_124893.jpgそして麦家の皆さん、明日もお世話になります。






《後編に続く》

[PR]
by ar20040711 | 2007-09-18 13:10

夕暮れドッグラン

b0103958_02144100.jpgいつものドッグランで。
ジャスパー(左)とシフォン(右)と、

b0103958_0215427.jpgこてつと遊ぶ。

b0103958_022530.jpg久しぶりに、需要(M男のアル)と供給(S女のシフォン)がガッチリ合わさった眩しい瞬間。

b0103958_0224662.jpgこの日のドッグランは蚊がすごかったのだが、何故だかワタシと鉄オタおっくんの二人だけが「自分のオデコに蚊がとまっていても全く気付かないでそのまま刺されっぱなし」という同じ習性を御披露。


…いやはや、もう秋ですねぇ。

[PR]
by ar20040711 | 2007-09-13 00:49

長月突入

ちょっとサボっていたら、もう9月も半ばに入ってしまいました。
おかげさまでアルは元気です。
そして、毎年この時期には「クーラー鬱」になりがちな飼い主2も意外に元気。
ということで、相変わらず暇さえあれば何処かのウチにお邪魔して、ゴハンを頂いたりWiiをしたり昼寝をしたり。


b0103958_10344974.jpg
ガラガラのドッグランでかくれんぼ中。
鬼(飼い主2)に見つかって嬉しそうなアル吉さん。

b0103958_10354784.jpg
今月初めには、以前からやってあげたかった「尿検査」と、初夏に患った肝の臓のその後が気になっていたので再再々「血液検査」をば。

b0103958_1036551.jpg
結果は、すべての項目で「異常なし」
体重もほぼベストの12.5kg。
検査の結果(数値)がすべてでは無いと思いますが、目に見える範囲(毛艶&食欲&運動量etc)でも「体調が良いのだろうな」というのがこちらにも伝わってきて、我が愛犬ながら頼もしい。

b0103958_10374185.jpg
某日、こてつ家で「レトルトカレーを食す会」開催。
カレー係のアル家おすすめ「懐かしの給食カレー」の美味しさに一同ビックリ。
そうだろうそうだろう。

b0103958_10384448.jpg
参加者の皆さん達を少し離れたところから眺めてみる。
えらい楽しそうだけど、ちょっと独特なリハビリ臭も漂う。
「オレ、明日はコンビニまで歩いてみるよ〜」
「じゃあ、アタシ図書館〜」

b0103958_1041681.jpg
そんな人間達を尻目に、最近メキメキと「社会性」を自分のものにしつつある友犬こてつ。
ココだけの話、出会った頃はスゴかった(笑)

b0103958_10414071.jpg
こちらも某日。
「こぶた三姉妹」のお家でたこ焼きパーティー。

b0103958_10421834.jpg
出汁醤油味の激ウマたこ焼きを食しつつ、そのあまりの居心地の良さに五時間近く居座る図々しい我が家。

b0103958_10424769.jpg
たこ焼きを見つめる長女。

b0103958_10431551.jpg
アル吉さんももちろんお邪魔したが、手前のナイスヒップな次女に敗北し夫クンの横で打ち拉がれている。
よえー。

b0103958_10434629.jpg
地デジ対応の三女。
そのモナ級の女っぷりに夫クンもノックアウト。

b0103958_104435100.jpg
本日のチャンピオンの次女。



b0103958_1045739.jpg
日に日に近づいてきた今年の「アル旅」は八ヶ岳。
旅の前はいつもどこか憂鬱な飼い主2。
しかし、今回は違うんだなぁ〜これが。
今から楽しみで子供のようにワクワク。
[PR]
by ar20040711 | 2007-09-10 11:06